SALUDOBlog

【初心者向け】AfterEffectsを使いこなすのに必要なPCスペックがこれ1つで全部わかる!

After Effectsを使いこなすのに必要なPCスペック

After Effectsを使い始めるにあたって必要なPCスペックは?
基本的な動作であればCore i5プロセッサー、8GBのRAM、GeForce GTX1650クラスのGPU、256GBのSSDストレージが必要最低限のスペックです。高画質動画制作を目指すならばもう一段高いスペックが必要になります。
After Effectsで4K動画を扱うためにはどの程度のPCが必要?
4K動画編集であれば高クロックの8コアCore i7やRyzen 7プロセッサー、32GB以上のRAM、GeForce RTX 2060スーパー以上のGPUが推奨されます。ストレージはRead/Write速度の高速なNVMe SSDを利用しましょう。
After Effectsを快適に利用するための高スペックPC構成は?
高解像度映像と複雑な合成処理をこなせるよう、Core i9もしくはRyzen 9の8コア以上CPU、64GB以上RAM、GeForce RTX 3070以上のGPUを推奨します。大容量ファイル転送速度も重要なポイントです。

以上、スペック要件は用途によって異なりますが、多コアCPU、大容量RAM/GPU、高速SSDが共通して重要となります。追加で拡張することを視野に入れた構成がおすすめです。

After Effects初心者の悩みのタネのひとつに、「必要なPCスペックが高すぎるのでは?」という声があります。確かに高度な動画編集やVFX制作を行う上では、高スペックPCが必須不可欠。しかし動画編集初心者がAfter Effectsを使い始める段階では、そこまでのマシン性能は必要ありません。

本記事では、コストパフォーマンスを意識しつつAfter Effects入門から快適な操作感を実現できる標準的なPCスペックを解説します。文字アニメーションや記念日ムービー、簡単なデザイン動画の作成を行うエントリーユーザー向け、After Effectsを学び始める際の適切なPC選びのポイントをまとめています。

グラフィックスカードのGPUスペックを十分確保しつつ、メモリやCPUのスペックはある程度抑えることで、低価格かつ満足度の高いAfter Effects入門&初級者用のPCセットを実現可能。後は使い方を学びながら上達を重ね、将来的により高度な作業へステップアップしていければ理想的です。

映像・静止画の合成や文字アニメの特殊効果に興味のある皆さん、ぜひ参考にしてみてください。これからAfter Effectsをはじめる際の最適なPC構成の目安と、大切な選び方のポイントが満載です。

After Effectsをスムーズに動作させるには高スペックPCが必須!

After Effectsは動画編集・合成に必要な高度な処理を行うソフトウェアです。そのため、高いパフォーマンスを発揮できるPC環境が必要不可欠です。動作が重くなるとストレスが溜まるだけでなく、創作意欲も失われてしまいます。快適な操作感と高速なレンダリングを実現するには、高クロックのCPU、十分な容量のRAM、高速なGPUを搭載したハイスペックPCが欠かせません。

はい、「After Effectsをスムーズに動作させるには高スペックPCが必須!」について、より詳細な解説を加筆します。

After Effectsはプロフェッショナルなビデオ編集・合成ソフトで、複数の映像、画像、文字をリアルタイムで合成してアニメーション化するという、非常に重い処理をPCに要求します。

特に最近の高精細な4Kや8K映像を扱う場合、通常のPCでは容易にパフォーマンスの限界にぶつかってしまいます。快適な操作感を保ちつつストレスなく作業を進めるには、高クロックの8コア以上のCPUに加え、GPUの能力も問われます。

GPUに関しては、NVIDIAのGeForce RTXシリーズかAMDのRadeon RX 6000シリーズ以上のグラフィックスカードを選択することを強くおすすめします。アーキテクチャの進化でこの世代以降、映像編集・エンコード性能が大きく向上しています。

加えて32GB以上のメモリと、容量・転送速度共に高性能なPCIe SSDを組み合わせることで、大容量の画像/映像データをリアルタイムで読み書きし、高速処理を実現できます。

以上、After Effectsの快適な動作にはCPU、GPU、RAM、ストレージ全てのスペックを高めた、高パフォーマンスなハイスペックPC環境が欠かせません。用途別のオススメ構成については別途解説したいと思います。

After Effectsが重い原因はCPUとGPUのスペック不足

After Effectsで複雑な作業を行う場合、CPUとGPUへの負荷が高くなりがちです。特に複数の映像と効果を重ね合わせる合成処理では、十分なスペックを満たさないとプレビューやレンダリング時に動作が格段に重くなってストレスが溜まります。快適な操作性を保つコツは、高クロックのCore i7以上のCPUと2GB以上のビデオメモリをもつGPUを搭載することです。

必要なRAM容量はプロジェクトの複雑さで変わる

After Effectsで取り扱う映像や効果の数が多くなると、コンピュータのメインメモリであるRAMへの負荷が高まります。大規模な映像プロジェクトの場合、16GB以上の大容量RAMを搭載したPCを利用するのが无難です。しかし小規模なプロジェクトであれば8GB程度のRAMでも十分動作可能です。プロジェクトの規模に応じたRAM容量のガイドラインを参考にしつつ、柔軟に判断することが大切です。

ストレージは読み書き速度の速いSSDを推奨

After Effectsは膨大な容量のデータをリアルタイムで読み書きする必要があります。そのため、読み取りと書き込み速度の速いSSD(ソリッドステートドライブ)を使うことが不可欠です。HDDより短時間でデータを転送できる高速SSDをストレージとして選ぶことで、プレビューやレンダリングのパフォーマンスを飛躍的に引き上げることが可能です。

After Effects初心者が最低限抑えるべきPCスペック

After Effectsを使い始める際、必要なPCスペックが高すぎるイメージを抱く人も多いでしょう。しかし、初心者が最初に触れ合う簡単な作業ならば、そこまで高スペックなPCを用意する必要はありません。ここでは、After Effectsの操作を習得する入門段階において最低限準備しておくべきPCのスペックを解説します。

After Effectsを使い始める際、高スペックな環境がいきなり必要となるイメージがあるかもしれませんが、基本操作習得時にはそこまで高いスペックは不要です。

CPUはエントリーモデルのCore i5、もしくは前世代のCore i7で十分始められます。合成処理能力自体は重要視されず、むしろ低価格かつ安定したパフォーマンスが重要視されます。

GPUは専用グラフィックスカードを別途用意することをおすすめします。GeForce GTX1650やRadeon RX560クラスのエントリー~ミドルクラスGPUで必要な描画性能はまかなえます。

RAMは8GBを基本に、余裕があれば16GBが理想的。加えて256GB以上のSSDを組み合わせることで、OSとアプリの動作、データ転送速度を高速化できます。

以上、低価格ながら必要かつ十分なスペックを搭載したPCを用意することで、After Effectsの基本操作習得をスムーズに開始できます。実際の使用経験を重ねながら、スペックアップの必要性を判断していけば良いでしょう。

高クロックのCore i7プロセッサーを選ぶ

CPUの選び方の基本は、高クロック数のCore i7プロセッサーを選ぶことです。アプリケーションの処理能力はクロック数で決まる部分が大きいため、3GHz台の製品を選ぶのが無難です。合成やレンダリングの処理速度が直結するだけでなく、快適な操作感も担保されます。

16GB以上のRAMを搭載した方がいい

After Effectsで動作できる必要最小限のRAM容量は8GBですが、作業効率を考えると16GB以上のメモリを搭載したPCを利用することを強く推奨します。テキストや図形、映像といったリソース数据をRAM上に置いて高速にアクセスすることで、プレビューのパフォーマンスが向上します。

ビデオメモリの容量が多いGPUを推奨

映像の合成や効果の発生にはGPUの能力が大きく影響します。エントリーユーザーでも2GB以上のビデオメモリを搭載したゲーム向けGPUを使うことで、プレビューやレンダリング時の動作速度を大幅に上げることができます。スペックをある程度落としたCPUと組み合わせることで低予算で導入可能です。

コストパフォーマンス最優先でAfter Effects導入するならこれ!

PCパーツの高騰が続く昨今、After Effectsを導入するにあたってPC構成のコストバランスをどう取るか悩む人は多いはず。ここでは、コストパフォーマンスを最優先してAfter Effectsを使い始める際の推奨PCスペックを解説します。

After Effectsを低予算かつ高コストパフォーマンスで導入するのであれば、CPUはCore i5-12400F、GPUはGeForce RTX 3050、RAM16GB、NVMe SSD 256GB以上、という構成が現時点で最適と言えます。

Core i5-12400Fは新世代のAlder Lakeで6コア/12スレッドを実現した高性能モデル。FP32浮動小数点演算性能が向上しており、合成処理能力が十分に発揮できます。

GPUのGeForce RTX 3050はアンチエイリアス性能が大きく強化されたAmpereアーキ。映像処理はもちろんのこと、レイトレーシング合成にも対応できる次世代ムービー制作GPUとして最適。

RAMは16GBを推奨。容量が十分確保できるため、作業データをメモリ上に置いて高速アクセス&処理を実現。NVMe SSDでストレージ高速化して全体計算性能を最大化します。

以上、新世代パーツを組み合わせることで、低コストかつ将来対応したAfter Effects動作環境を実現可能です。コストパフォーマンス抜群の次世代クリエイターPCとして最適なセレクションといえます。

Core i5で十分な場合もある

After Effectsをフルに活用する上ではCore i7プロセッサーが推奨されますが、初心者が基本操作を習得する段階ではCore i5で十分動作可能です。i5-12400やi5-12500などのAlder Lake世代の中~上位機種であれば、入門時に必要なパフォーマンスは充分に発揮できます。

使用用途に合わせたPCパーツ選びが大切

Animation GIFの作成や簡単な合成ならば高スペックを要求されません。uses用途と必要なパフォーマンスを見極め、コストとのバランスを考慮してパーツを選ぶことが大切です。効果のレイヤーが少なければGeForce GTX1650程度の低価格GPUでも十分動作しますし、RAMにしても8GBなら問題ありません。

中古パーツの利用も視野に

中古パーツの場合、定格時の性能の6~7割は保てていることが多いです。例えば中古のGeForce GTX1060やRX580クラスのGPUであれば、新品のGeForce GTX1650並みの実処理能力があるため、コストパフォーマンス抜群と言えます。状態の良い中古パーツを上手く利用することで、高性能比のAfter Effects導入環境を低予算で構築可能です。

どんな動画を作るのか?でPCの予算は変わる

After Effectsを使い始める際に最低限必要なPCスペックはそれほど高くありません。使用用途に合わせて必要十分な構成を選び、時には中古パーツも利用してコストを抑えることが大切です。こまめにスペックをアップして作業効率を高めながら、ステップアップしていくのが良いでしょう。

After Effectsを快適に利用するには高スペックなPC環境が必要不可欠です。しかしながら、使用目的に応じて必要なスペックは異なります。初心者が基本操作を習得する段階では、そこまで高いスペックを求められることはありません。

エントリーユーザーがAfter Effectsを学び始める際には、まず使用用途を明確化することが大切です。簡単な文字アニメーションや記念日ビデオ, GIFアニメーションの作成など、比較的軽い作業であれば、ミドルレンジのPCで十分対応できます。

一方で、映画予告編調の映像制作を目指しているならば、高クロックのCore i7プロセッサー、32GB以上の大容量RAM、そしてハイエンドGPUなど、高スペックでバランスの取れたマシンを用意する必要があります。

コストパフォーマンスを重視するなら、CPUはCore i5プロセッサー、RAM16GB、GPUはGeForce GTX1660以上の構成が現実的です。中古パーツの利用や、セール時の購入などで更にコストダウンを図ることも可能でしょう。

以上、After Effects初心者に向けてPCスペック選びのポイントを解説しました。使用目的に応じ、コストと性能のバランスを大切にして判断していくことをおすすめします。

まとめ

After Effectsを快適に利用し作業効率を最大化するには、必要なスペックをしっかり抑えた高性能PCが欠かせません。しかし用途やユーザースキルに応じて必須のスペックは異なります。コストとのバランスも大切なポイントです。

After Effects使用に最も重要なPCスペック

・高クロックかつ多コアのCPU ・容量16GB以上のメモリ ・ハイスペックなGPU

効果的な動画編集やコンテンツ制作を行うためには

・Corei7やRyzen7以上の高性能CPUが推奨 ・32GB以上のメモリを搭載

4Kや8Kなど高精細映像を扱う際は

・高クロック8コア以上のCPUが必須 ・GPUはRTXシリーズを推奨

コストパフォーマンスを重視する際の構成

・Corei5+16GB+RTX3050の組み合わせがバランスが良い

After Effectsの快適動作には高スペックPCが欠かせませんが、用途とコストバランスを見極めて選ぶことが大切です。将来の拡張性も考慮した構成が理想的でしょう。