SALUDOBlog

Photoshopヴィンテージ加工の作り方!エモい、昭和、白黒写真加工を簡単に制作

Photoshopヴィンテージ加工の作り方

この記事を読むと、Photoshopを使用してレトロなヴィンテージ加工を施す方法に関する以下のポイントが理解できます:

  • 基本的な編集手順: 色調の調整、テクスチャの追加、ノイズの追加など、画像に古風な雰囲気を与えるためのステップ。
  • アクション素材の活用: 「Old Vintage Photo Effect Photoshop Free Action」を使用して、ワンクリックでヴィンテージ効果を適用。
  • 白黒写真、年代物の写真に加工
  • 昭和のポスター加工
  • アクション素材の特徴: カスタマイズ可能で、Photoshopのさまざまなバージョンに対応し、個人および商用利用が可能。
  • 効率的な作業方法: アクションを使った編集は時間の節約になり、一貫した結果を得るのに役立つ。

「ヴィンテージ加工」をPhotoshopで作成する方法を解説します。この加工は、画像にレトロでノスタルジックな雰囲気を与えることができます。以下にステップごとの詳細な説明を記載します。

手順
  1. 画像の選択: ヴィンテージ加工に適した画像を選びます。古い写真や自然の風景がよく合います。
  2. カラーアジャストメント:
    • 「イメージ」メニューから「調整」を選び、「色相/彩度」を調整して、色を少し褪せさせます。
    • 「レベル」や「カーブ」を使って、コントラストを調整します。
  3. テクスチャの追加:
    • 古い紙や布のテクスチャを画像に重ねます。これには、「ファイル」メニューから「配置」を選び、テクスチャ画像を選択します。
    • ブレンドモードを「オーバーレイ」や「ソフトライト」に設定して、テクスチャを調整します。
  4. ノイズの追加:
    • 「フィルター」メニューから「ノイズ」を選び、「ノイズを加える」を選択します。
    • ノイズの量を調整して、画像に粒状感を追加します。
  5. 色調の調整:
    • 「グラデーションマップ」を使用して、画像に暖かみのある色調を加えます。
    • この際、赤やオレンジ、ブラウンのような色を使うと良いでしょう。
  6. ヴィネット効果:
    • 「フィルター」メニューから「レンズ補正」を選び、「カスタム」タブでヴィネットの量を調整します。
    • 画像の端を暗くすることで、古い写真のような雰囲気を出します。

これらのステップを組み合わせることで、Photoshopを使用してヴィンテージ風の画像加工を行うことができます。加工の強さやテクスチャの種類によって、さまざまなヴィンテージ感を演出できます。

ワンクリック、一瞬でヴィンテージ加工する方法

アクション素材(.atn)とは?

アクション素材(.atnファイル)は、Adobe Photoshopで使用されるファイル形式です。これは、Photoshop内で行われる一連の操作や手順を記録し、保存したものです。アクションを使用することで、複雑または繰り返し行う編集作業を自動化し、効率化することができます。

アクション素材の特徴は以下の通りです:

手順
  1. 操作の記録:
    • Photoshopで行った操作(例えば、色調整、フィルター適用、リサイズなど)を順番に記録します。
  2. 時間の節約:
    • 同じ手順を何度も繰り返す必要がある作業において、一度に多くの画像に対して同じ編集を適用することができ、大幅に時間を節約できます。
  3. 共有と再利用:
    • 作成したアクションは.atnファイルとして保存し、他のPhotoshopユーザーと共有することができます。これにより、特定の編集スタイルや技法を簡単に共有し、再利用することが可能になります。
  4. カスタマイズ可能:
    • 既存のアクションをカスタマイズしたり、自分で新しいアクションを作成することもできます。
  5. 多様な用途:
    • プロの写真編集からデザイン作業、バッチ処理、一般的な画像処理まで、様々な用途に活用できます。

Photoshopのアクション機能は、デザイナーや写真家、グラフィックアーティストにとって非常に有用なツールであり、作業の一貫性と効率性を大幅に向上させます。

アクション素材を使用する方法

Photoshopでアクション素材(.atnファイル)を使用する方法を説明します。アクションは、複数の編集ステップを自動化するための素材です。以下の手順でアクションを読み込み、使用できます。

手順
  1. アクションパネルを開く:
    • Photoshopを開き、画面上部のメニューバーから「ウィンドウ」を選択します。
    • ドロップダウンメニューから「アクション」を選びます。これによりアクションパネルが表示されます。
  2. アクションを読み込む:
    • アクションパネルの右上にあるメニューアイコン(小さい三角と線のアイコン)をクリックします。
    • 表示されるメニューから「アクションを読み込む…」を選択します。
  3. .atnファイルを選択:
    • ファイルダイアログが表示されるので、読み込みたいアクション素材(.atnファイル)が保存されている場所を探します。
    • アクションファイルを選択し、「読み込み」ボタンをクリックします。
  4. アクションを実行する:
    • アクションパネルに新しく読み込んだアクションが表示されます。編集したい画像を開いた状態で、適用したいアクションを選択します。
    • アクション名の下にある「再生」ボタン(三角形のアイコン)をクリックすると、アクションが実行されます。
  5. 結果を確認する:
    • アクションによる編集が画像に適用されます。結果を確認し、必要に応じて調整を加えます。

これで、Photoshopでアクション素材を使用する方法の基本が完了です。アクションは時間の節約になるだけでなく、一貫した結果を得るのにも役立ちます。

年代物の白黒写真が制作できるアクション素材

Old Vintage Photo Effect Photoshop Free Action」はPhotoshop用の無料アクションで、写真にヴィンテージ風の効果を加えます。

写真に古いフレーム、ほこり、傷、セピア効果を追加し、レトロな雰囲気を作り出すことができます。

このアクションはPSDDudeウェブサイトでダウンロード可能で、1クリックで簡単に適用できます。結果はレイヤーを保持した状態でカスタマイズ可能で、Photoshopの様々なバージョンで使用できます。

個人および商用利用が可能。

昭和のポスターが制作できるアクション素材

VINTAGE PHOTO PRESS KIT」は、Photoshop用のアクションセットで、ヴィンテージプリント風の効果を写真やデザインプロジェクトに追加するために使用されます。

このアクションは、特にウェディングカード、ビジネスカード、挨拶状、ウェブテンプレートなどにヴィンテージ風の広告ルックを提供するのに適しています。

さまざまな種類のアクションが含まれており、それぞれに異なる強度の設定が可能です。これにより、プロジェクトに最適なファイルを選択し、カスタマイズすることができます。詳細はGraphic Cloudのウェブサイトで確認できます。

まとめ

この記事では、Photoshopでのヴィンテージ加工方法と、特定のアクション素材について説明しています。Photoshopでレトロなヴィンテージ加工を作るための基本手順として、色調の調整、テクスチャの追加、ノイズの追加が紹介されています。また、無料の「Old Vintage Photo Effect」アクションと「VINTAGE PHOTO PRESS KIT」アクションについても触れており、これらを使用することで、写真にヴィンテージ風の効果を簡単に加えることができることがわかります。