SALUDOBlog

Photoshop切り抜き方法10選!AI機能で初心者も簡単【フォトショ完全解説】

Photoshop切り抜き方法10選!AI機能で初心者も簡単

この記事を通して、Photoshopでの切り抜きに関する様々なテクニックとその適用シーンについての理解を深めることができます。以下のポイントが学べます:

  • 切り抜きツールの種類と特徴:マジックワンドツール、クイック選択ツール、ペンツール、ラッソツールなど、Photoshopにはさまざまな切り抜きツールがあり、それぞれ特定のシナリオや画像のタイプに適しています。
  • AIを利用した切り抜き:最新のPhotoshopではAI機能を活用した「被写体を選択」などのオプションがあり、人物や動物などの被写体を自動的に認識し、短時間で精確な範囲指定が可能になっています。
  • 細かい調整の重要性:自動ツールやAIによる選択でも、完璧な切り抜きには細かな手動調整が必要な場合があります。特に複雑な背景や細かいディテールがある場合には、ペンツールや「選択とマスク」ワークスペースなどを使用します。
  • 切り抜き方法の選択:画像のタイプや要求される切り抜きの精度に応じて、適切なツールや方法を選択することが重要です。

この知識をもとに、Photoshopでの切り抜き作業をより効率的かつ効果的に行うことが可能になります。

Photoshopの切り抜きでは、正直、1つの切り抜き方法

例えば:(ペンツール切り抜き

を覚えればほぼ全てのケースに対応できる事が多いです。

しかしペンツール切り抜きは精度や柔軟性を持っている代わりに…ものすごく時間が掛かるんです😭

そんなときに 背景が単色で切り抜きたい対象がりんごやスマホなど切り抜きやすい対象であれば、自動選択切り抜きツールで1クリックで完結できます。

色んな切り抜きツールを知っておけばケース毎に最適な切り抜きができるのでみなさんも是非覚えて帰ってください!🙌

切り抜きたい画像のタイプや特徴に応じて、最適な切り抜き方法を提案します。以下は、異なるタイプの画像に適したPhotoshopの切り抜き方法の例です。

  • シンプルな背景の人物画像: このタイプの画像には、Photoshopの「被写体を選択」機能が最適です。AIが人物の輪郭を自動で認識し、簡単に切り抜きができます。細かい部分の微調整は必要に応じて行います。
  • 複雑な背景の人物画像: 背景が複雑で被写体の輪郭が不明瞭な場合、ペンツールを使った手動での切り抜きが適しています。高い精度での切り抜きが可能ですが、熟練が必要です。
  • 髪の毛など細かい部分を含む画像: 髪の毛やふわふわしたエッジを持つ被写体の場合、「選択とマスク」ワークスペースを使用すると良いでしょう。エッジを滑らかにしたり、細かな調整を行うことができます。
  • 明確な形状のオブジェクト(花瓶、建物など): マジックワンドツールやクイック選択ツールを使うと効果的です。これらのツールは、明確な境界線を持つオブジェクトの選択に適しています。
  • 自然な風景や細かいテクスチャーを含む画像: こうした画像では、チャンネルを使った切り抜きが有効です。特に、高いコントラストがある部分での切り抜きに適しています。
  • グラフィカルな要素や図形を含む画像: 図形や特定のパターンを切り抜きたい場合、レイヤーマスクとクリッピングマスクを併用すると、精確でクリーンな切り抜きが行えます。

これらの方法は、それぞれの画像の特性と要求される切り抜きの精度に応じて選択すると効果的です。また、これらのツールを組み合わせて使用することで、より複雑な切り抜き作業にも対応できます。

切り抜きツール早見表

以下は、Photoshopの主要な切り抜きツールとその特徴についての表です。

ツール名
難易度評価
の数が多いほど簡単!
特徴適用シーン
マジックワンドツール
類似色を基に選択範囲を作成色が均一で区別しやすい場合
クイック選択ツール
ドラッグにより選択範囲を自動拡張エッジがはっきりしている被写体
ペンツール
アンカーポイントとパスで精密な選択曲線や複雑な形状のオブジェクト
ラッソツール
フリーハンドで選択範囲を描画自由な形状や不規則なエッジ
多角形ラッソツール
クリックで頂点を決める選択範囲直線的なエッジを持つオブジェクト
磁性ラッソツール
エッジに沿って自動的にアンカーポイントを設置不規則だが明瞭なエッジを持つ被写体
チャンネルによる切り抜き
コントラストの高いチャンネルを利用複雑な形状や細かい部分
背景消去ツール
前景と背景の色の差を利用して消去明確な前景と背景が分かれている場合
被写体を選択
AIを用いた自動選択人物や動物などの明瞭な被写体
クリッピングマスク
上のレイヤーを下の図形の形に合わせて切り抜き図形やテキストで切り抜きたい時

Photoshopの切り抜きツールは、それぞれ異なる特徴を持ち、様々な編集ニーズに対応しています。これらのツールの適切な使用により、効率的かつ正確な切り抜き作業が可能になります。

人物特に髪の毛をキレイに切り抜く方法

Photoshop で人物、特に髪の毛を切り抜く方法には、以下のステップがあります。

  • 「被写体を選択」を使用する: ツールバーから「自動選択ツール」や「クイック選択ツール」を使用している状態で、上部に表示される「被写体を選択」ボタンをクリックします。これにより、被写体が選択範囲で囲われ、髪の毛の細部まで選択された状態になります。
  • 「選択とマスク」で確認と調整を行う: 「選択とマスク」ボタンをクリックし、選択とマスクウィンドウで仕上がりを確認します。ここで、必要に応じて調整を加えます。
  • マスクをかける: 最後に、マスクをかけて被写体を選択範囲で切り抜きます。
  • 微調整: 例えば、レイヤーマスクを選択し、レベル補正パネルで選択範囲を調整することで、髪の毛の周りの仕上がりを改善できます。さらに、ブラシツールを使い、「ソフトライト」モードで髪の毛の周りを調整すると、より自然な仕上がりになります。
  • 上級者向けのテクニック: より洗練された仕上がりを目指す場合、写真レイヤーのコピーを作成し、描画モードを「スクリーン」に設定したり、新しいレイヤーマスクを追加することで、髪の毛の細部をより自然に見せることができます。

これらのステップは、AIがうまく被写体を選択できない場合には、より従来の方法で切り抜く必要がありますが、Photoshop 2023の進化したツールを使うと、比較的簡単に髪の毛の切り抜きを行うことが可能です。

注意点は?

Photoshopで人物、特に髪の毛を切り抜く際の注意点は以下の通りです:

  • 選択の精度: 「被写体を選択」機能は非常に便利ですが、髪の毛や複雑な背景の場合、AIによる自動選択が完璧ではないことがあります。そのため、手動での微調整が必要になることが多いです。
  • 背景のコントラスト: 髪の毛の切り抜きは、背景とのコントラストが高い場合により簡単になります。背景が単色またはシンプルな場合、切り抜きが容易になることがあります。
  • ブラシの設定: ブラシツールを使用する際は、不透明度や流量、ブラシの種類(ソフトブラシ等)に注意して、自然な仕上がりを目指します。特に、髪の毛の細かい部分では細心の注意が必要です。
  • レイヤーマスクの使用: レイヤーマスクを使用することで、非破壊的な編集が可能です。誤って消去してしまった部分を復元することが容易になります。
  • 光の反射の調整: 切り抜き後、特に髪の毛の周辺で光の反射が不自然に見える場合があります。これを調整するために、レベル補正やブラシのモード(ソフトライト等)を使うと良いでしょう。
  • 繊細な調整の必要性: 髪の毛は非常に細かいため、細かな調整を行うことで、よりリアルで自然な仕上がりを実現できます。この作業は時間がかかることがあります。
  • 編集環境の違い: 使用しているPhotoshopのバージョンやコンピュータのスペックによって、操作感や処理速度が異なる場合があります。最新の機能を活用するためには、定期的なソフトウェアのアップデートが推奨されます。

これらのポイントを意識することで、Photoshopを使用した髪の毛の切り抜き作業がよりスムーズに、かつ高品質な結果を得ることが可能になります。

背景が単色などで被写体の境界線がハッキリ確認できるときの切り抜き方法

Photoshopで近似色やエッジを自動選択して切り抜く方法は、主に「マジックワンドツール」と「クイック選択ツール」を使用して行います。ここではその詳細な手順を説明します。

マジックワンドツールの使用方法

  • ツールを選択: ツールバーからマジックワンドツールを選択します。
  • 許容度の設定: 画像の一部をクリックする前に、オプションバーで「許容度」を設定します。許容度が低いほど、より似た色のみを選択します。色の範囲を広げたい場合は、許容度を高く設定します。
  • 色の選択: 画像の切り抜きたい色またはエリアをクリックします。これにより、選択した色に近い色が自動的に選択されます。
  • 選択範囲の調整: 「Shift」キーを押しながら別の領域をクリックすると、選択範囲を追加できます。逆に、「Alt」(または「Option」)キーを押しながらクリックすると、選択範囲を削除できます。
  • 最終的な調整: 選択範囲が完了したら、必要に応じて「選択範囲の修正」オプションを使用して微調整を行います。

クイック選択ツールの使用方法

  • ツールを選択: ツールバーからクイック選択ツールを選択します。
  • ブラシサイズの調整: オプションバーでブラシのサイズを調整します。
  • 選択を開始: 画像上でドラッグすることで、エッジに沿って自動的に選択範囲が広がります。
  • 選択範囲の調整: 「Alt」(または「Option」)キーを押しながらドラッグすると、選択範囲から削除できます。
  • 細かな調整: 必要に応じて、選択範囲の微調整を行います。

これらのツールは、特に色やエッジが明確な画像で効果的です。しかし、複雑な背景や微妙な色の違いがある場合は、より細かい手作業や他のツールを併用する必要があります。また、Photoshopのバージョンによっては、これらのツールの機能やオプションが若干異なることもありますので、使用するバージョンのマニュアルやガイドを確認することも有効です。

注意点は?

Photoshopでマジックワンドツールやクイック選択ツールを使用して近似色やエッジを自動選択して切り抜く際の注意点は以下の通りです:

  • 許容度の調整: マジックワンドツールでの許容度が高すぎると、意図しない色まで選択されることがあります。逆に低すぎると、必要な範囲が十分に選択されない可能性があります。選択範囲に合わせて適切に調整することが重要です。
  • 背景とのコントラスト: 選択対象と背景のコントラストが低い場合、これらのツールは正確に機能しないことがあります。鮮明なエッジがある場合に最も効果的です。
  • 誤った領域の選択: 特にクイック選択ツールでは、意図しない領域が選択されることがあります。定期的に選択範囲を確認し、必要に応じて調整してください。
  • 細部の調整: 自動選択ツールは便利ですが、細かい部分については手動での調整が必要になることが多いです。特に複雑な形状や細かいテクスチャーがある場合は注意が必要です。
  • 非破壊編集の利用: 選択範囲を調整する際は、レイヤーマスクを使用することで、非破壊的に作業することができます。これにより、後から編集や調整を行うことが可能になります。
  • 選択範囲の保存: 長時間かかる選択作業を行った場合は、選択範囲を保存しておくと安全です。これにより、作業を中断した後に同じ選択範囲から再開できます。

これらのツールを使用する際は、状況に応じた調整が重要であり、完璧な結果を得るためには実践と経験が必要です。また、Photoshopの新しいバージョンではさらに進化した選択ツールが提供されている場合もありますので、最新の機能をチェックするのも良いでしょう。

背景と被写体の境界線が曖昧でも使える切り抜き方法

Photoshopでカラーチャンネルを使用して切り抜く方法は、以下の手順で行います:

  • コントラストの高いチャンネルを選択: 「レッド」、「グリーン」、「ブルー」の各チャンネルの中から、コントラストが最もはっきりしているチャンネルを選びます。
  • チャンネルの複製: 選んだチャンネルを右クリックし、「チャンネルを複製」を選択してコピーを作成します。
  • コントラストの強調: 作成したコピーのチャンネルを選択し、「イメージ」>「色調補正」>「トーンカーブ」を使ってコントラストを強めます。
  • 選択範囲の作成: チャンネルパネルの下部にある「チャンネルを選択範囲として読み込む」アイコンをクリックして選択範囲を作成します。
  • レイヤーパネルへの切り替え: 作成した選択範囲を持つレイヤーに切り替え、新規レイヤーにコピー&ペーストして切り抜きを完了させます。

この方法は、特に輪郭が曖昧な画像や、背景と被写体のコントラストがはっきりしている場合に有効です。他の切り抜きツールでは難しい髪の毛や煙などの細かい部分も、この方法を使うことで綺麗に切り抜くことが可能です。

また、アルファチャンネルを活用する方法もあり、これはレイヤーマスク作成のベースとして使用されます。コントラストをはっきりさせた後、ブラシツールでマスクしきれなかった部分を塗りつぶして、最終的にレイヤーマスクを作成します。

カラーチャンネルを使った切り抜きは、細かい調整が必要ですが、一度手順を覚えると非常に強力で柔軟な方法です。詳細な手順やビジュアルの例については、参考ソースを参照してください。

注意点は?

Photoshopでカラーチャンネルを使用して切り抜く際の注意点は以下の通りです:

  • 正しいチャンネルの選択: コントラストが最も高いチャンネルを選択することが重要です。間違ったチャンネルを選ぶと、効果的な切り抜きができない可能性があります。
  • チャンネルの複製: 元のチャンネルを編集する前に、必ず複製を作成して作業してください。これにより、オリジナルのデータを保持できます。
  • コントラストの調整: トーンカーブやレベル補正を使用してコントラストを調整する際は、細心の注意を払い、過度に調整し過ぎないようにしてください。過度な調整は、画像の品質を低下させる可能性があります。
  • 細かな部分の手動調整: 自動選択では完全には切り抜けない部分があるかもしれません。そのため、ブラシツールなどを使用して手動で細かい調整を行う必要があります。
  • 画像の特性を理解する: 切り抜きたい画像の特性を理解し、適切なチャンネルを選択することが大切です。全ての画像が同じ方法でうまく切り抜けるわけではありません。
  • 保存形式に注意: 背景を透明にして保存する場合は、透明性をサポートする形式(例:PNG、PSD)で保存する必要があります。

カラーチャンネルを使った切り抜きは非常に強力ですが、正しい手順と注意深い調整が必要です。これらの点を意識することで、より効果的な切り抜きが可能になります。

被写体を丸や四角などシンプルな形で切り抜きたいときの切り抜き方法

Photoshopで図形を使用して画像を切り抜くためのクリッピングマスクの作成方法は以下の手順で行います:

  • Photoshopを起動し、切り抜きたい画像を開きます。
  • レイヤーパネルを開き、背景レイヤーをレイヤーに変換します。
  • ツールパネルから図形ツール(例えば、長方形ツールや楕円形ツール)を選択し、画像上に図形を描きます。図形の色は任意です。
  • 図形レイヤーを画像レイヤーの直上に配置します。
  • 画像レイヤーを選択し、レイヤーパネルで「右クリック」→「クリッピングマスクを作成」を選択します。または、画像レイヤーと図形レイヤーの間の境界線をキーボードのAltキーを押しながらクリックします。

これにより、上の画像レイヤーが下の図形レイヤーの形に切り抜かれます。この方法は、図形だけでなくテキストの形でも使用できます。

クリッピングマスクの利用は非常に便利で、特にデザインや画像編集において多くのクリエイティブな用途があります。例えば、画像を特定の形に切り抜いたり、特定の領域だけを強調したりする際に利用されます。

注意点は?

Photoshopでクリッピングマスクを使用する際の注意点は以下の通りです:

  • レイヤーの順序: クリッピングマスクを適用するには、マスクを適用する画像レイヤーが、形状レイヤーの直上にある必要があります。レイヤーの順序が間違っていると、クリッピングマスクは機能しません。
  • 図形レイヤーの編集: クリッピングマスクが適用されると、下の図形レイヤーを編集することで、切り抜かれる範囲を変更できます。ただし、図形の変更はマスクされた画像にも影響しますので、慎重に行ってください。
  • 画像の編集制限: クリッピングマスクを適用した状態では、画像レイヤーを自由に編集することができない場合があります。マスクを一時的に解除するか、別の編集方法を検討してください。
  • 透明度の扱い: クリッピングマスクでは、下の図形レイヤーの透明部分によって、上の画像レイヤーも透明になります。図形レイヤーの透明度設定に注意してください。
  • ファイルの保存形式: クリッピングマスクの設定を保持するためには、Photoshop(PSD)形式などのレイヤー情報を保持できる形式で保存する必要があります。JPEGなどの形式ではレイヤー情報が失われます。
  • 解像度の注意: マスクする画像と図形の解像度が異なる場合、意図しない結果になることがあります。特に印刷用途の場合は、解像度に注意してください。

これらの点を意識することで、クリッピングマスクを効果的かつ正確に使用することができます。クリッピングマスクはPhotoshopの非常に強力な機能の一つですが、適切な使用方法を理解することが重要です。

被写体の形が複雑、できるだけ繊細にしたいときの切り抜き方法

Photoshopでペンツールを使用して画像を切り抜く方法は以下の手順になります。

  • 画像を準備する: まず、Photoshopで切り抜きたい画像を開きます。ペンツールは、境界線がはっきりしているオブジェクト(例えば、花瓶やPC、ボールなど)に適しています。
  • ペンツールでアンカーポイントを作成: ペンツールを選択し、画像上の切り抜きたい部分の端にアンカーポイントを置きます。ペンツールのショートカットキーは「P」です。アンカーポイントは、オブジェクトの「山」のような部分に置くと作業がしやすいです。
  • パスの作成: 各アンカーポイントをクリック(またはドラッグ)して、オブジェクトの輪郭に沿ってパスを作成します。ドラッグすることでカーブを形成できます。アンカーポイント間に線が引かれ、これがパスになります。
  • アンカーポイントの編集: 必要に応じて、パス選択ツールやアンカーポイントの切り替えツールを使って、アンカーポイントやハンドルを調整します。これにより、より滑らかな曲線や正確な輪郭を描くことができます。
  • 選択範囲の作成: パスが完成したら、パスパネルから「パスを選択範囲として読み込む」を選択し、選択範囲を作成します。
  • レイヤーマスクの適用: 対象の画像レイヤーを選択し、レイヤーマスクを追加することで、パスに沿った部分のみを切り抜きます。

ペンツールを使った切り抜きは、慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、練習すれば非常に正確で美しい切り抜きが可能になります。特に直線や滑らかな曲線からなるオブジェクトに適していますが、髪の毛などの曖昧な境界線を持つオブジェクトには不向きです。

注意点

Photoshopでペンツールを使用して切り抜きを行う際の注意点は以下の通りです:

  • 正確なアンカーポイントの配置: アンカーポイントはオブジェクトの輪郭をなぞるように正確に配置する必要があります。不適切な配置は不自然な切り抜き結果を招く可能性があります。
  • アンカーポイントの数: なるべく少ないアンカーポイントでパスを作成することが理想です。過度に多いアンカーポイントはパスの調整を困難にし、最終的な切り抜きの質を低下させる可能性があります。
  • ハンドルの使用: ハンドルを使用してカーブを調整する際は、滑らかさと形状のバランスを取ることが重要です。過度に曲げすぎたり、角ばりすぎたりすると不自然になります。
  • パスの閉じ方: パスを閉じるときは、開始点と終了点が正確に一致するようにする必要があります。不完全なパスは正しく切り抜きを行えないことがあります。
  • レイヤーマスクの適用: 選択範囲を作成した後、レイヤーマスクを適用する際には、対象レイヤーが適切であることを確認してください。誤ったレイヤーにマスクを適用すると、意図しない結果になることがあります。
  • 練習と慣れ: ペンツールは初心者にとっては扱いが難しいことがあります。練習を重ねることで、よりスムーズで正確な切り抜きが可能になります。

ペンツールを使用する際は、これらの点に注意しながら慎重に作業を進めることが重要です。正しく使いこなせれば、非常に高い精度での切り抜きが可能になります。

Photoshop最新AI技術で切り抜く方法

Photoshopの最新バージョンでは、AIを活用した切り抜き方法が提供されています。これにより、従来の手間がかかる切り抜き作業が大幅に簡単になっています。

PhotoshopのAIを使った切り抜きの基本手順

  • 「被写体を選択」機能の使用: 写真に写っている人や動物などの被写体を自動的に認識し、範囲指定を行います。この機能は、AIの力を活用しており、従来の手作業で行う必要があった範囲指定を短時間で行うことができます。
  • 選択範囲の微調整: AIによる自動選択後、必要に応じて選択範囲の細かい調整を行います。例えば、髪の毛や衣服のひだなど複雑な輪郭線がある場合、ブラシツールを使用して手動で調整を行うことが可能です。
  • レイヤーマスクの適用: 選択範囲が確定したら、レイヤーマスクを追加して切り抜きを完了させます。これにより、選択された範囲のみが残り、他の部分は非表示になります。

生成塗りつぶしと生成拡張機能

最新バージョンのPhotoshopでは、「生成塗りつぶし」と「生成拡張」の機能も追加されています。

  • 生成塗りつぶし: この機能を使うと、消したい物体を選択し、AIが想像して不要な部分を消去します。例えば、写真に写っている帽子を消すような操作が可能です。
  • 生成拡張: 写真の背景などを拡張したい場合に便利です。切り抜きツールを使って広げたい幅に伸ばし、生成拡張を適用すると、AIが想像して足りない部分を補います。

これらの機能は、写真加工の時間を短縮し、よりクリエイティブな作業に集中することを可能にします。

AIを活用したこれらの機能により、Photoshopのユーザーはより効率的かつ簡単に複雑な切り抜き作業を行うことができるようになっています。

注意点は?

Photoshopの最新AI機能を使用した切り抜き方法における注意点は以下の通りです:

  • AIの選択精度の理解: AIが提供する自動選択は便利ですが、必ずしも完璧ではありません。特に複雑な背景や細かい部分(例えば髪の毛など)では、手動での微調整が必要になることがあります。
  • 選択範囲の微調整: AIによる自動選択後、選択範囲の細かな調整が必要な場合があります。ブラシツールなどを使用して、正確な切り抜きを行ってください。
  • 生成塗りつぶしの使用時の想像力: 生成塗りつぶし機能は、AIがユーザーの意図を完全に理解するわけではないため、場合によっては意図しない結果になることがあります。使用する際は、AIが何をするかをよく理解し、必要に応じて手動で調整を行う必要があります。
  • 生成拡張の限界: 写真の背景を拡張する際、AIが完全に正確な背景を再現するとは限りません。実際の背景と異なる部分が生成される可能性があるため、最終的な出力を確認して調整が必要です。
  • パフォーマンスへの影響: AI機能を使用する際には、比較的高いパフォーマンスが必要とされることがあります。特に高解像度の大きな画像を扱う場合、コンピュータの性能によっては処理速度が遅くなる可能性があります。

これらのAI機能はPhotoshopの強力なツールですが、その限界を理解し、必要に応じて手動での作業を併用することが重要です。

人物の背景だけを切り抜きたい場合の方法

人物の背景だけを切り抜く方法は以下の通りです。

  • 「被写体を選択」機能の使用: Photoshopの最新バージョンでは、AIを使った「被写体を選択」機能があります。これを使用すると、人物を自動的に選択してくれます。
  • 選択範囲の反転: 人物が選択された状態で、「選択範囲」メニューから「選択範囲を反転」を選択します。これにより、背景のみが選択された状態になります。
  • レイヤーマスクの追加: 背景が選択された状態でレイヤーマスクを追加します。これにより、背景のみが切り抜かれます。
  • 微調整: 必要に応じて、ブラシツールを使ってレイヤーマスクを微調整します。これにより、より自然な切り抜きが可能になります。

この方法で、人物はそのままに背景のみを切り抜くことができます。特に複雑な背景や細かいディテールがある場合は、手動での調整が重要になります。

“Photoshopでの切り抜きテクニック完全ガイド!AI機能から伝統的な方法まで、効果的な切り抜き手法を分かりやすく解説。あなたの編集スキルを格上げするための必読記事です。”

“Photoshopの切り抜きツール全解説!最新AI機能からペンツールまで、簡単から上級まで幅広くカバー。プロジェクトを効果的に進めるための実践的なテクニックが満載!”

まとめ

この記事を通じて、Photoshopの切り抜きツールとテクニックに関する幅広い情報を提供しました。各ツールの特徴からAI機能の活用まで、Photoshopでの切り抜き作業に必要な知識を網羅的に学ぶことができたと思います。

これらの知識を活用して、あなたのクリエイティブなプロジェクトや写真編集作業がさらに効率的で効果的になることを願っています。

最適なツールの選択から細かな調整のテクニックまで、ここで学んだことがPhotoshopの使用において大きな助けとなるでしょう。次のプロジェクトでこれらのテクニックを試し、あなたの編集技術を次のレベルへと引き上げてください。

“Photoshopでの切り抜きテクニック完全ガイド!AI機能から伝統的な方法まで、効果的な切り抜き手法を分かりやすく解説。あなたの編集スキルを格上げするための必読記事です。”