SALUDOBlog

プロ厳選【MediaEncoder】でMP4動画の容量を出来るだけ軽く書き出す方法5選

MediaEncoderでMP4動画の容量を出来るだけ軽く書き出す方法

Adobe Media Encoderで動画の容量をできるだけ軽くする方法

  • 動画をAdobe Media Encoderにインポート: まず、軽くしたい動画ファイルをAdobe Media Encoderにドラッグ&ドロップします。
  • フォーマットとプリセットの選択: 「フォーマット」ドロップダウンメニューから適切なフォーマット(例えばH.264)を選択します。H.264は高い圧縮率を持ちつつ品質を保つのに適しています。
  • ビットレートの調整: 「出力設定」をクリックし、「ビットレート設定」を見つけます。ビットレートを下げることでファイルサイズを減らすことができますが、品質が低下する可能性があるので注意が必要です。CBR(定数ビットレート)ではなくVBR(可変ビットレート)を選択すると、より効率的にファイルサイズを削減できます。
  • 解像度の調整: 必要に応じて動画の解像度を下げることもできます。「ビデオタブ」で解像度設定を見つけ、必要に応じて小さな解像度を選択します。
  • フレームレートの調整: 高いフレームレートはより多くのデータを必要とします。もしオリジナルが高いフレームレート(例えば60fps)なら、これを30fpsなどに下げるとファイルサイズを削減できます。
  • 不要なオーディオトラックの削除: もし動画に不要なオーディオトラックがあれば、これを削除することで容量を減らすことができます。
  • プレビューとエクスポート: 設定を変更した後、プレビューで品質を確認し、問題がなければ「キューに追加」をクリックしてエンコードを開始します。

品質とファイルサイズのバランスを取ることが重要です。ビットレートや解像度を大幅に下げると、動画の品質が大きく落ちることがありますので注意してください。

MediaEncoderを使って動画の容量を軽くする際の注意点

  • 品質とサイズのバランス: 容量を減らすためにビットレートや解像度を下げると、動画の品質が低下する可能性があります。特に、ビットレートを大幅に下げると映像が荒くなることがあるので、品質とファイルサイズのバランスを考慮して調整してください。
  • オーディオ品質: オーディオ設定もビデオと同様に重要です。不必要に高いオーディオビットレートを使用すると、ファイルサイズが無駄に大きくなることがあります。しかし、あまりにも低いビットレートでは音質が悪化するので注意が必要です。
  • フレームレートの適切な選択: オリジナルのフレームレートを大幅に下げると、動画のなめらかさが失われることがあります。特にアクションシーンや高速で動くオブジェクトが含まれる場合は、フレームレートの低下が目立つ可能性があります。
  • 最終用途を考慮する: 動画の使用目的によって、品質とファイルサイズの要件が異なります。例えば、ウェブ用途ではファイルサイズを小さく保つことが重要ですが、放映用途では品質が最優先されます。
  • テストエンコードを実施: 実際にエンコードを行う前に、短いセグメントでテストを行い、品質とサイズを確認してください。問題があれば、設定を調整して再テストします。
  • ファイル形式の選択: 使用するファイル形式によっても圧縮効率が異なります。H.264は一般的な選択ですが、より新しいH.265/HEVCは同じ品質でより小さいファイルサイズを実現できる場合があります。

これらの注意点を念頭に置きつつ、動画の目的や必要な品質に応じて適切な設定を行ってください。

Adobe Media Encoderを使用して動画の容量を軽くする際は、いくつか重要な要素に留意する必要があります。

まず、ビットレート解像度を調整することでファイルサイズを削減できますが、これらの変更が動画の品質に影響を及ぼす可能性があるため、品質とファイルサイズの適切なバランスを見つけることが重要です。オーディオ設定も重要で、不要に高いビットレートはファイルサイズを不必要に大きくしますが、低すぎると音質が悪化することがあります。

また、フレームレートを下げると動画の滑らかさが損なわれる可能性があるため、オリジナルの内容に応じて慎重に調整する必要があります。動画の最終用途を考慮して設定を行うことも大切で、例えばウェブ用途ではファイルサイズの小ささが重要ですが、放映用途では品質が優先されます。

テストエンコードを行い、設定が望む結果をもたらすかどうかを確認することが推奨されます。

さらに、使用するファイル形式によっても圧縮効率が異なるため、H.264やH.265/HEVCなどの適切なフォーマットを選択することが重要です。これらのガイドラインに従いながら、動画の目的や必要な品質に応じた最適な設定を行うことが、効果的なファイルサイズの削減につながります。