SALUDOBlog

Inshot|モザイクやぼかし簡単な方法解説!簡単に人物の顔にモザイクをかけて自動追従

Inshot|モザイクやぼかし簡単な方法解説!簡単に人物の顔にモザイクをかけて自動追従

InShotでは、動画や写真にモザイクをかける方法があります。基本的な手順は以下の通りです:

  • 画面全体にモザイクをかける:InShotで動画を選択し、「フィルター」→「特撮」→「スタイル」→「MOSAIC」を選択してモザイクをかけます。バーでモザイクの粗さを調整できます。
  • 部分的にモザイクをかける:「ステッカー」→「詳細」を選択し、モザイクの大きさや位置、粗さ、薄さを調整します。形も選べます。
  • 動く対象に追従するモザイク:「ステッカー」→「詳細」でモザイクを設定後、「トラッキング」を選択し、「トラッキングを開始」します。モザイクが動く対象に追従します。

トラブルがある場合は、アプリのキャッシュをクリアする、再起動する、アップデートを確認するなどの対処が有効です。

InShotで画面全体にモザイクをかける手順

1. 動画の選択

1. 動画の選択

InShotアプリを開き、モザイクをかけたい動画を選択します。

2. フィルターの選択

2. フィルターの選択

動画を開いたら、「フィルター」オプションをタップします。

3. 特殊効果の適用

3. 特殊効果の適用

「特撮」セクションを開き、「スタイル」カテゴリーから「MOSAIC」を選択します。

4. モザイクの調整

4. モザイクの調整

画面下部に表示されるバーを使って、モザイクの粗さを調整します。左右にスライドすることで、モザイクの粒度を細かくしたり、大きくしたりできます。

5. 完成

モザイクの調整が完了したら、動画を保存します。

この手順に従って、InShotを使って簡単に動画全体にモザイク効果を適用することができます。

注意点

InShotでモザイクをかける際の注意点は以下の通りです:

  • 画質とファイルサイズ:モザイクをかけるとファイルサイズが大きくなる場合があります。保存前にデバイスの空き容量を確認してください。
  • モザイクの調整:モザイクの粗さは状況に応じて適切に調整する必要があります。過度に細かいモザイクは対象物を不明瞭にし、意図した効果が得られないことがあります。
  • トラブルシューティング:モザイクがうまく表示されない場合は、アプリのキャッシュをクリアするか再起動を試みてください。また、アプリのアップデートを確認することも重要です。

これらの注意点を守ることで、InShotでのモザイク加工がよりスムーズに行えるでしょう。

InShotで部分的にモザイクをかける方法

1. 動画の選択

InShotでモザイクをかけたい動画を開きます。

2. ステッカーの選択

2. ステッカーの選択

画面の「ステッカー」オプションをタップします。

3. モザイクの適用

3. モザイクの適用

「詳細」を選択して、モザイクステッカーを動画に追加します。

4. モザイクの調整

4. モザイクの調整

モザイクや枠のサイズ、位置をドラッグで調整します。画面下部にあるバーでモザイクの粗さと薄さを調整できます。

5. モザイクの形状選択

丸型やハート形、楕円型など、モザイクの形を選択します。

この方法で、動画の特定の部分にのみモザイクをかけることができます。

注意点

部分的にモザイクをかける際の注意点については、以下のポイントが重要です:

  • 正確な配置とサイズ調整:モザイクをかける部分を正確に特定し、サイズと位置を適切に調整することが必要です。
  • モザイクの種類と透明度:選択するモザイクの種類と透明度によって、隠したい部分の見え方が変わります。目的に応じて適切なモザイクを選んでください。
  • 動画の動きに注意:動画内で対象物が動く場合、モザイクが適切に追従するか確認が必要です。

これらの注意点を守ることで、InShotで部分的にモザイクをかける際により良い結果を得ることができます。

InShotで動く対象に追従するモザイクをかける方法

1. 動画の選択

InShotで対象の動画を開きます。

2. ステッカー機能の利用

2. ステッカーの選択

「ステッカー」オプションをタップし、「詳細」を選択します。

3. モザイクの設定

4. モザイクの調整

モザイクの種類、大きさ、透明度を設定します。

4. トラッキング機能の使用

4. トラッキング機能の使用

メニューから「トラッキング」を選び、モザイクが動く対象に追従するよう設定します。

5. トラッキングの開始

5. トラッキングの開始

「トラッキングを開始」を選択し、動きをトラッキングします。

6. 確認と保存

6. 確認と保存

トラッキングが完了したら、モザイクが正確に追従しているか確認し、動画を保存します。

この手順に従うと、動きのある対象にモザイクが追従するように設定できます。

注意点

動く対象に追従するモザイクをかける際の注意点は以下の通りです:

  • トラッキング精度:動く対象にモザイクが正確に追従するか確認し、必要に応じて手動で調整することが重要です。
  • 動きの複雑さ:対象物が速く動くか、動きが複雑な場合、トラッキングがうまくいかないことがあります。この場合、手動での調整が必要です。
  • トラッキングの限界:すべての動きに完全に追従するわけではないため、トラッキングの限界を理解し、適切な期待を持つことが大切です。

これらのポイントに注意しながらトラッキング機能を使用することで、動く対象に適切にモザイクを適用できます。

モザイクをかけた動画が保存できない場合の注意点

モザイクをかけた動画がInShotで保存できない場合の主な原因は、以下の二つです:

  • メモリ不足:動画の保存先に十分な空き容量がない場合、保存できないことがあります。空き容量を確保するために、不要なファイルやアプリを削除し、ストレージを整理してください。
  • ファイルサイズ:モザイク加工を施すとファイルサイズが大きくなる場合があります。保存前にファイルサイズを確認し、必要に応じて動画の長さを短くするなどしてサイズを調整してください。

これらのポイントに注意し、適切に対処することで、動画の保存に成功する可能性が高まります。

iPhoneのメモリを解放し、動作を軽くするための方法

iPhoneのメモリを解放し、動作を軽くするための方法はいくつかあります。これらの方法を適切に実行することで、iPhoneのパフォーマンスが改善される可能性があります:

  • iPhoneを再起動する:これは最も簡単で効果的なメモリ解放方法です。長押しして電源を切り、再び起動することでメモリがクリアされます。
  • アプリを閉じる:バックグラウンドで動作しているアプリを閉じることで、メモリの使用量を減らすことができます。
  • 視差効果を減らす:アプリを開閉する際の動き(視差効果)を減らすことで、メモリ消費を抑制できます。
  • Spotlight検索をオフにする:使用していない場合、Spotlight検索をオフにすることでメモリの使用量を減らすことができます。
  • 常駐しているアプリを削除する:使用していないアプリは削除することで、メモリの使用量を減らし、iPhoneのパフォーマンスを向上させることができます。
  • Wi-FiとBluetoothをオフにする:使用していない時はWi-FiやBluetoothをオフにしておくことで、バックグラウンドでのメモリ使用を減らすことができます。
  • 視覚効果をオフにする:アプリの拡大・縮小などの視覚効果をオフにすることで、メモリ消費を抑えることが可能です。
  • iOSを最新バージョンにアップデートする:iOSのバージョンアップにはバグ修正などが含まれており、メモリ解放に役立つことがあります。

これらの方法を適用することで、iPhoneのメモリを効果的に管理し、パフォーマンスの向上に役立てることができます。

Androidでメモリを減らす方法

Androidデバイスのメモリを減らす(最適化する)方法には、いくつかの手順があります。これらの方法を実行することで、デバイスのパフォーマンスを向上させることができます。

  1. Androidデバイスの再起動
    • デバイスを再起動すると、RAM内のデータがクリアされ、動作が軽くなります。これは、アクティブなアプリやプロセスを一時的に停止させ、メモリを解放する効果があります。
  2. バックグラウンドで動作しているアプリを停止
    • アプリを完全に終了させることで、RAMの使用量を減らすことができます。画面下部のバーを上にスワイプして「全て閉じる」を選択することで、バックグラウンドで動作しているアプリを一括で終了させることができます。
  3. キャッシュのクリア
    • アプリやシステムが生成するキャッシュデータは、時間が経つとメモリを占有する原因になります。定期的にキャッシュをクリアすることで、メモリ使用量を減らし、デバイスのパフォーマンスを向上させることができます。
  4. メモリ解放機能の使用
    • 一部のAndroidデバイスには、本体設定内にメモリ解放の機能があります。これを使用することで、メモリ使用量を手動で減らすことができます。
  5. 専用アプリの利用
    • メモリを管理し、最適化するための専用アプリも利用できます。これらのアプリを使うことで、簡単にメモリの使用量を監視し、必要に応じて最適化できます。

これらの方法を定期的に行うことで、Androidデバイスのメモリ使用量を管理し、快適な使用体験を維持することができます。

Inshotでできる事や機能を一覧

InShotアプリの主な機能を以下の一覧表で紹介します:

機能説明
ビデオ編集トリム、カット、分割、結合などの基本的な編集機能
フィルターとエフェクト色調整、フィルター、ビデオエフェクト
テキストとフォントビデオにテキストを追加、カスタマイズ可能なフォントとスタイル
ステッカーと絵文字様々なステッカーと絵文字をビデオに追加
音楽とサウンドエフェクトビデオに音楽やサウンドエフェクトを追加、独自の音声録音も可能
キャンバス異なるアスペクト比や背景のカスタマイズ
スピードコントロールビデオの速度調整(スローモーションやタイムラプス)
トランジションクリップ間の滑らかな移行を作成するためのトランジション効果
モザイクとぼかし特定の部分にモザイクやぼかし効果を追加

これらはInShotアプリの基本的な機能ですが、アプリのバージョンや更新によって機能が追加されることがあります。詳細はアプリ内の説明や公式ウェブサイトを参照してください。

まとめ

今回の記事では、InShotを使用して動画や画像にモザイクをかける方法について詳しく解説しました。画面全体にモザイクをかける方法、部分的にモザイクをかける方法、そして動く対象に追従するモザイクのかけ方について学びました。各手順には特有の注意点があり、それらに注意しながら作業を行うことが重要です。この知識を活用して、プライバシー保護やクリエイティブな表現に役立ててください。記事をお読みいただきありがとうございました。

ご覧いただき、ありがとうございました。InShotの便利なモザイク機能をぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です