SALUDOBlog

Figmaで背景切り抜きを自動化するプラグイン”Remove BG”の導入と使用方法

Figmaで背景切り抜きを自動化するプラグイン

Figmaで背景切り抜きを自動化するRemove BGプラグイン

Figmaのプラグイン「Remove BG」を使うと、画像の背景を自動で削除し、被写体のみを切り抜いた状態の画像を簡単に生成できます。導入手順と効果的な活用法を解説します。

Remove BGとは

被写体認識AIを活用し、画像の背景を自動除去するFigmaプラグインです。手間なく被写体のみを切り出せるので、大変便利です。

インストールはプラグインページから

Figmaメニューの「コミュニティ」>「プラグインを探す」から「Remove BG」で検索し、インストールするだけ。簡単に始められます。

背景除去作業を自動化できるこのプラグインをうまく活用することで、デザイワーク効率が格段に向上するはずです。

Figmaプラグイン「Remove BG」の使い方と活用法

Figmaで画像の背景を自動切り抜きしてくれる「Remove BG」プラグインの使い方を解説します。デザインワークを大幅に効率化できるので、ぜひマスターして欲しい便利な機能です。

手順1: 切り抜き対象の画像を選択

まず、背景を除去して切り抜きたい画像をFigma上で選択します。レイヤー単位での選択も可能です。

手順2: Remove BGプラグインを実行

次に「Remove BG」プラグインを起動します。すると自動的に背景除去&切り抜き処理が始まります。

手順3: 被写体のみの画像を取得

処理が完了すると、被写体のみを切り抜いた画像が出力されます。必要に応じて位置調整などを行えば完了です。

以上の手順で、手軽に被写体のみを抽出できるようになります。デザイワークを加速させましょう。

FigmaプラグインのRemove BGについてまとめます。

  • 画像の背景を自動除去し、被写体のみを切り出す
  • 導入はプラグインの検索・インストールから簡単
  • 切り抜きたい画像を選択し、プラグインを適用するだけ

デザイナー必須の機能といえるこのプラグイン。是非活用して作業効率化を図りましょう。

簡単な操作で画像の背景除去が実現できるので、
デザインワークをよりスピーディーに進めることができます。