SALUDOBlog

FigmaからPSD形式への変換方法|オンラインサービスを使用した簡単な方法

FigmaからPSD形式への変換方法

FigmaからPSD形式への変換方法とは

FigmaとPSDはデザインワークに欠かせないフォーマットですが、FigmaのデザインをPSD形式で必要とする場面もあるでしょう。具体的な変換手順と活用法を紹介します。

従来の変換方法と課題

従来の手動変換では以下の手順が必要でした。

  • FigmaとPhotoshopの両方の知識が必要
  • エクスポート機能を使って要素を抽出
  • SVG経由での変換という迂回路

複数工程が必要で非効率なプロセスでした。

Magiculを活用したスムーズな変換

Magicul.ioはFigmaからPSDへの変換を効率的に行うことができるオンラインプラットフォームです。使い方は以下の通り。

  1. Magicul.ioにアクセス
  2. FigmaからPSDへのコンバータを選択
  3. Figmaのデザインデータをアップロード
  4. メールアドレスを入力し、完了を待つ

ほんの数ステップで容易な形式変換が実現できるため、大変便利なツールといえます。

なぜ形式変換が必要なのか

形式変換が必要となる主なケースを以下にまとめました。状況に応じて活用しましょう。

  • PSD固有の機能を使いたい場合
  • ファイル運用ルールでPSDが要件のとき

FigmaからPSD形式へ変換するメリットと方法をまとめます。

  • 従来の手動変換は非効率
  • Magiculを使えばスムーズに変換可能

変換が必要なケースは以下の通り

  • PSD固有機能の利用
  • 運用ルール上でPSDが必須

などの状況です。Magiculのようなオンラインツールを活用し、生産性とDXの向上を図りましょう。