SALUDOBlog

FigmaからPDF形式で書き出す方法|注意点も詳しく解説

FigmaでPDF形式で書き出す方法

FigmaからデザインデータをPDF形式で書き出す方法

Figma上のデザインやプロトタイプを、高画質のPDFファイルとして保存できます。ここではエクスポート方法と活用シーンを解説します。

01.Figmaでデザインを開く

Figmaにログインし、変換したいデザインプロジェクトを開きます。

02.Exportダイアログを開く

デザイン画面で右上にある共有アイコンをクリックし、ドロップダウンメニューから「Export」を選択します。

03.Export画面で設定を行う

Export画面で左側のメニューから「PDF」を選択し、右側で必要な設定を行います。

  • Pages to export: エクスポートしたいページを選択。
  • Export area: “Selected Frames”または”Whole Page”を選択。
  • Preserve scroll position and scale: スクロール位置とスケールを保持する場合に選択。

04.Export

“Export”ボタンをクリックして、指定した設定でPDFをエクスポートします。

05.ダウンロード

エクスポートが完了すると、自動的にダウンロードが始まります。または、”Copy link”ボタンをクリックして、ダウンロードリンクをコピーします。

これで、FigmaデザインがPDFに正常にエクスポートされ、ダウンロード可能な形式で保存されます。得られたPDFファイルには、選択したページやフレームが含まれ、Adobe Acrobatや他のPDFリーダーで開いて閲覧できます。

FigmaからPDFをエクスポートする際の注意点を整理します。

レイヤーが多すぎると容量の問題

Figmaのレイヤー構成が複雑すぎると、PDF化時にデータ量が大きくなりがちです。印刷用途なら構成をなるべくシンプルに。

プリント用PDF設定も可能

印刷主体の使用なら、エクスポート設定からプリント用PDFを出力することも可能です。

フォントが埋め込まれない場合がある

使用フォントによっては、PDF出力時にフォントが埋め込まれないことがあります。文字がぼけたり変化する可能性があります。

PCでの文字化け要因に

特定環境下でフォントや文字化けが発生することがあるので注意が必要です。事前に可能な限り確認することをオススメします。

FigmaからデザインをPDFでエクスポートする際のポイントをまとめます。

・レイヤー構成をできるだけシンプルに ・印刷用途ならプリントPDFも生成可能 ・フォントや文字化け要因になりうることも

など、いくつかの注意点があります。

特にデータ容量と文字問題には事前確認が大切です。こまめに出力テストを行い、トラブル回避を心がけましょう。スムーズなデザインデータの保存・活用に役立ててください。