SALUDOBlog

AfterEffectsで音が聞こえない時の解決策8選!|WIN / Mac

Aftereffect

After Effectsで音声が再生されない原因と解決法

After Effectsで高品質な映像を作るには音声は欠かせません。

しかし音声が再生されない場合、どう対処すべきでしょうか?

本記事では、音声の再生に関する一般的な問題と、その解決法を順を追って説明します。音声が再生されない、音量が小さいなどの問題が起きても、このガイドを参考にトラブルシューティングできます。詳細は以下から!

なぜAfter Effectsで音声が再生されないのか

解決法に入る前に、まず音声が再生されない理由を見ていきましょう。主な原因は以下の通りです。

Windows・OSでAdobe After Effectsを使用しており、音が聞こえない場合の対処法

Windows 原因と対処法

  • RAMプレビューが必要:
    • 対処法: スペースバーではなく、0キー(テンキー)を使ってRAMプレビューを実行します。これにより、ビデオとオーディオが同期して再生されます。
  • オーディオハードウェア設定:
    • 対処法: 編集 > プリファレンス > オーディオハードウェア に進み、Windowsのデフォルトオーディオデバイスが選択されているか確認します。
  • オーディオレベルがミュートまたは低い:
    • 対処法: タイムライン上でオーディオレベルをチェックし、必要に応じて調整します。
  • 非対応のオーディオフォーマット:
    • 対処法: 対応しているオーディオフォーマットにファイルを変換します。WAV形式が一般的です。
  • オーディオプレビュー設定の確認:
    • 対処法: 編集 > プリファレンス > プレビュー に進み、オーディオプレビュー設定が適切に構成されていることを確認します。
  • キャッシュ問題:
    • 対処法: 編集 > プリファレンス > メディアとディスクキャッシュ でキャッシュをクリアします。
  • Windowsのオーディオ設定の確認:
    • 対処法: Windowsのサウンド設定を開き、再生デバイスが正しく設定されていることを確認します。
  • After Effectsの再インストール:
    • 対処法: After Effectsを一度アンインストールしてから、最新バージョンを再インストールすることで、問題が解決することがあります。

追加のチェックポイント

  • After EffectsとWindows OSが最新のアップデートを受けていることを確認します。
  • 他のソフトウェア(例えばWebブラウザ)で音が正常に再生されるかを確認します。

これらのステップで解決しない場合は、Adobeのサポートやフォーラムで追加のアシスタンスを求めることが有効です。また、特定のプロジェクトファイルやオーディオファイルに関連する特異な問題の可能性もありますので、その場合はファイル自体の詳細な検証が必要になるかもしれません。

MacOSでAdobe After Effectsを使用しており、音が聞こえない場合の対処法は以下の通りです。

Mac OS原因と対処法

  • RAMプレビューの使用:
    • 対処法: 0キー(テンキー)を使ってRAMプレビューを実行します。スペースバーでのプレビューでは音が再生されないことがあります。
  • オーディオハードウェア設定の確認:
    • 対処法: After Effects > Preferences > Audio Hardware に進み、正しいオーディオ出力デバイスが選択されているかを確認します。
  • オーディオレベルの確認:
    • 対処法: タイムラインでオーディオトラックのレベルを確認し、ミュートされていないことを確認します。
  • 対応しているオーディオフォーマットの使用:
    • 対処法: 非対応のオーディオフォーマットの場合は、WAVやAIFFなどの対応するフォーマットに変換します。
  • キャッシュのクリア:
    • 対処法: After Effects > Preferences > Media & Disk Cache でキャッシュをクリアします。
  • Macのサウンド設定の確認:
    • 対処法: システム環境設定のサウンドセクションで、出力デバイスが正しく設定されているか確認します。
  • After Effectsの再起動:
    • 対処法: After Effectsやコンピューターを再起動してみてください。
  • オーディオプレビュー設定の確認:
    • 対処法: After Effects > Preferences > Previews に進み、オーディオプレビュー設定を確認します。

追加のチェックポイント

  • MacOSとAfter Effectsが最新バージョンにアップデートされているか確認します。
  • 別のプロジェクトファイルやオーディオファイルで同じ問題が発生するかをテストしてみます。

これらの対処法で解決しない場合は、Adobeのサポートチームやコミュニティフォーラムでさらにサポートを求めることが有効です。また、特定のプロジェクトやオーディオファイルに関連する問題の場合、ファイル自体の詳細な検証が必要になる可能性があります。

書き出したMP4等の動画に音が入らない場合

Adobe After Effectsで書き出したMP4などの動画ファイルに音が入っていない場合、いくつかの一般的な原因と対処法が考えられます。

原因と対処法

  • オーディオ出力の設定を確認:
    • 対処法: 書き出し設定で「オーディオ出力」のオプションが有効になっているかを確認します。After Effectsで[ファイル] > [書き出し] > [書き出しの設定](またはコンポジションをキューに追加)を選択し、書き出し設定ウィンドウで「オーディオ出力」のチェックボックスがオンになっていることを確認してください。
  • オーディオトラックがミュートされていないか:
    • 対処法: 書き出す前に、タイムラインでオーディオトラックがミュートされていないか確認します。
  • レンダーキュー設定の確認:
    • 対処法: レンダーキューの設定で、オーディオの設定が適切であるかを再確認します。オーディオフォーマット、ビットレートなどが適切に設定されている必要があります。
  • 対応しているオーディオコーデックの使用:
    • 対処法: 書き出し設定で使用されているオーディオコーデックが動画フォーマットと互換性があるか確認します。一般的なオーディオコーデックはAACです。
  • ソフトウェアのバグや不具合:
    • 対処法: After Effectsの最新バージョンに更新して、既知のバグや不具合が解消されているか確認します。また、ソフトウェアの再インストールを試みることも一つの方法です。
  • オーディオファイルの問題:
    • 対処法: 使用しているオーディオファイルに問題がないか確認します。異なるオーディオファイルでテストしてみるとよいでしょう。
  • システムのオーディオ設定:
    • 対処法: コンピュータのシステムオーディオ設定が正しく構成されていることを確認します。

追加のチェックポイント

  • 書き出しを行う前に、プレビューでオーディオが正常に再生されることを確認してください。
  • 別の書き出しフォーマット(例えばH.264)を試してみると、問題が解決する場合があります。

これらのステップで問題が解決しない場合は、Adobeのサポートチームやコミュニティフォーラムに相談して追加の助けを求めることが有効です。また、特定のプロジェクトファイルやオーディオファイルに関連する問題の場合、そのファイルを詳しく検証する必要があるかもしれません。