SALUDOBlog

AfterEffectsでアンカーポイントを中心に移動させる方法を解説|Win/Macのショートカット

Aftereffectsアンカーポイントを中心に移動させる方法

After Effectsでアンカーポイントを中心に移動させるショートカットは?
レイヤーを選択した状態で
❶ Windows: Ctrl + Alt + Home
❷ Mac: Option + Command + fn + 左矢印

After Effectsでアンカーポイントを中心に移動させる方法

After Effectsで新しく追加したレイヤーのアンカーポイントが画面中央からズレている場合、手動で修正するのは大変です。

しかし、ショートカットキーやメニュー操作だけで簡単に中央寄せできます。

方法1: ショートカットキーを使用

アンカーポイントを中央に移動させたいレイヤーを選択後、以下のショートカットキーを押します。

  • Windows: Ctrl + Alt + Home
  • Mac: Option + Command + fn + 左矢印

方法2:レイヤー>トランスフォーム>アンカーポイントをレイヤーコンテンツの中央に配置

レイヤーメニューの「トランスフォーム」→「アンカーポイントをレイヤーコンテンツの中央に配置」を選択します。

これらの方法を使えば、アンカーポイントの中心寄せがラクラク行えるようになります。

メニュータブ【After Effects(AE)】アンカーポイントを中心に移動させる2つの方法【ショートカットあり】

2つ目は、メニュータブで操作する方法です。

ショートカットキーが苦手な方は、こちらを使ってください。

アンカーポイントを移動させたいレイヤーを選択した状態で、

「レイヤー」→「トランスフォーム」→「アンカーポイントをレイヤーコンテンツの中央に配置」

の順に操作します。

これで、アンカーポイントを中心に移動できましたね。

※アンカーポイントが微妙に中心からずれるときの対処法

上記2つの方法で基本的には解決しますが、レイヤーの形によっては中心から少しずれることがあります。

そんなときは、アンカーポイントツールで微調整を行いましょう。

アンカーポイントツールはこのボタンです。

アンカーポイントツール【After Effects(AE)】アンカーポイントを中心に移動させる2つの方法【ショートカットあり】

ショートカットキー(Y)でも呼び出せます。

Ctrl(⌘)を長押ししながらアンカーポイントを移動させると、簡単に中心に移動させることができます。

中心からずれてるときは「Ctrl(⌘)+アンカーポイントをドラッグ」

AfterEffectsでアンカーポイントを自動中央寄せする設定

After Effectsには新しいレイヤーのアンカーポイントを初期状態で中央に寄せる設定があります。これをONにしておけば、毎回中央寄せする手間が不要になります。

環境設定からアンカーポイント自動中央寄せを設定

  1. 編集メニュー
  2. 環境設定
  3. 一般設定
  4. 「アンカーポイントを新しいシェイプレイヤーの中央に配置」にチェック

以上の設定をしておくことで、今後新規に作成するレイヤーのアンカーポイントが初期状態で中央に配置されるようになります。ストレスなくAfter Effectsが使えるはずです。

After Effectsでレイヤーのアンカーポイントが表示されない時の対処法

Adobe After Effectsでレイヤーのアンカーポイントが表示されない場合の対処法は以下の通りです:

  • ビューをチェック: 最初に、After Effectsのビューが正しく設定されているか確認してください。ビューメニューから「表示オプション」を開き、「アンカーポイント」がチェックされていることを確認します。
  • キーボードショートカットの使用: 「Y」キーを押すと、パンビハインドツールがアクティブになり、これによってアンカーポイントが表示される場合があります。
  • レイヤーコントロールの確認: レイヤーが正しく選択されているか、またコントロールが表示されるように設定されているかを確認します。レイヤーウィンドウでレイヤーを選択し、コントロールが表示されていない場合は、「Layer」(レイヤー)メニューから「Transform」(変形)>「Show Layer Controls」(レイヤーコントロールを表示)を選択します。
  • レイヤーの種類を確認: 一部のレイヤータイプでは、アンカーポイントが異なる方法で動作する場合があります。例えば、カメラレイヤーやライトレイヤーは通常のレイヤーとは異なる属性を持っています。
  • After Effectsの再起動: 何らかの理由でUIが正しく更新されていない場合、After Effectsを再起動すると問題が解決することがあります。
  • プロジェクトファイルの確認: プロジェクトファイル自体に問題がある場合、別のプロジェクトでアンカーポイントが表示されるかを確認してみてください。

これらのステップを試しても問題が解決しない場合は、Adobeのサポートに連絡するか、After Effects関連のフォーラムやコミュニティで助けを求めることをお勧めします。

アンカーポイントを操作出来るプラグイン

「Animation Composer」という名前で提供されているプラグインは、Adobe After Effectsのための非常に便利なツールです。このプラグインは、Motion Design Schoolによって開発されたもので、アニメーションの作成と管理を簡単にする多くの機能を提供します。

アンカーポイントを操作する機能については、Animation Composerには次のような特徴があります:

  • アンカーポイントの調整: アンカーポイントを簡単に移動し、レイヤーの回転やスケールの基準点を素早く変更できます。
  • プリセットアニメーション: 多数のプリセットアニメーションが含まれており、これらを使用して迅速にプロフェッショナルな動きを作成できます。これにはアンカーポイントに基づく動きも含まれます。
  • 使いやすいインターフェース: Animation Composerは直感的なインターフェースを持っており、アンカーポイントを含む多くのパラメータを簡単に調整できます。
  • カスタムアニメーションの作成: 自分だけのアニメーションを作成し、それをプリセットとして保存することができます。これにより、特定のアンカーポイントの動きをカスタマイズできます。

このプラグインは、アニメーション制作の効率を大幅に向上させることができ、特にアンカーポイントの操作に関しては大きな助けとなるでしょう。ただし、プラグインの最新の機能や対応情報については、開発者のウェブサイトや公式のリリースノートを確認することをお勧めします。

After Effectsでレイヤーのアンカーポイントを中心に移動させる方法をまとめます。

  • ショートカットキーやメニューから簡単に中央寄せ可能
  • 新規レイヤーを初期状態で中央にする設定もある
  • 環境設定の「アンカーポイント自動中央配置」をオンにすれば楽

新しいレイヤーのアンカーポイントがずれて配置されるのはストレスです。こうしたテクニックを駆使してストレスなくAfter Effectsを使いこなしていきましょう。