SALUDOBlog

【1分で】Aftereffect日本語と英語を簡単に切りかえる方法!3選|Windows/Macそれぞれ解説

Aftereffect日本語と英語を簡単に切りかえる方法

Aftereffect日本語と英語の切り替え方法1番オススメ!

「ae_force_english.txt」ファイルを使用してAfter Effectsを英語モードで強制的に起動する方法は、特に非英語圏のユーザーにとって便利です。この方法はAfter Effectsがデフォルトで別の言語に設定されている場合に特に有効です。以下に手順を説明します。

ae_force_english.txtを使用した言語設定の変更方法「日本語〜英語」

テキストファイルを作成する:

  • 新しいテキストファイルを作成し、名前を「ae_force_english.txt」とします。このファイルの内容は空で構いません。

ファイルをAfter Effectsの設定フォルダに移動する:

  • このファイルをAfter Effectsの設定フォルダに移動します。このフォルダは通常以下の場所にあります:
  • Windowsの場合は“メモ帳”で制作したファイルをドキュメントフォルダに格納しましょう。
  • Macの場合は“テキストエディット”で制作したファイルを書類フォルダに格納しましょう。

After Effectsを再起動する:

  • After Effectsが既に開いている場合は、プログラムを完全に閉じてから再起動します。

ae_force_english.txtを使用した場合の戻し方「英語〜日本語」

もし「ae_force_english.txt」ファイルを使用して英語に設定していた場合、以下の手順で日本語に戻すことができます。

  • After Effectsの設定フォルダを開く: Documents\\\\Adobe\\\\After Effects CC\\\\[バージョン] (Windows) または /Users/[ユーザー名]/Documents/Adobe/After Effects CC/[バージョン] (Mac) にアクセスします。
  • ae_force_english.txtファイルを削除または移動: このファイルを削除するか、別の場所に移動します。
  • After Effectsを再起動: After Effectsを再起動して、変更を反映させます。

これらの方法のいずれかを使用することで、After Effectsの言語設定を日本語に戻すことができます。なお、言語設定の変更にはAfter Effectsの再インストールまたはアップデートが必要な場合がありますので、その点に注意してください。

注意点

  • この方法は、特定のバージョンのAfter Effectsでのみ機能する可能性があります。Adobeがこの機能を将来のアップデートで変更または削除する可能性があります。
  • この操作はAfter Effectsの言語を英語に限定します。他の言語に変更するには、このファイルを削除または移動する必要があります。

この方法は、After Effectsの言語設定を英語に強制的に設定する簡単な方法です。特に英語以外の言語でAfter Effectsを使用している場合に便利です。

「After Effects」で日本語と英語を切り替える方法を説明しますね。After Effectsでは、言語設定を変更することで、日本語と英語を切り替えることができます。ここでは、After Effects CCのバージョンを例に取り、簡単な手順を紹介します。

言語設定の変更方法 (Windows)

  • After Effectsを終了する: 言語設定を変更する前に、After Effectsを完全に終了させます。
  • 設定ファイルを探す: C:\\\\Users\\\\[ユーザー名]\\\\Documents\\\\Adobe\\\\After Effects CC\\\\[バージョン]\\\\Adobe After Effects [バージョン] Prefs.txt というパスに設定ファイルがあります。
  • テキストエディタで開く: このファイルをテキストエディタで開きます。
  • 言語設定を変更する: ファイル内で ["Language" = "ja_JP"] という行を探し、ja_JPen_US に変更して英語に、またはその逆にします。
  • ファイルを保存し、After Effectsを再起動する: 変更後、ファイルを保存し、After Effectsを再起動します。

言語設定の変更方法 (Mac)

  • After Effectsを終了する
  • 設定ファイルを探す: /Users/[ユーザー名]/Documents/Adobe/After Effects CC/[バージョン]/Adobe After Effects [バージョン] Prefs.txt のパスにあります。
  • テキストエディタで開く
  • 言語設定を変更する: 上記Windowsの手順と同様です。
  • ファイルを保存し、After Effectsを再起動する

注意点

  • この操作はAfter Effectsのバージョンによっては異なる場合があります。最新の情報はAdobeの公式サイトやサポートに確認してください。
  • 言語設定を変更すると、一部のプラグインやスクリプトが正常に動作しなくなる可能性があります。

この手順に従えば、After Effectsの言語を日本語と英語で切り替えることができます。なお、h2h3という用語については、After Effectsの文脈で特に詳細な情報がありませんので、具体的な機能やコンテキストについてご指定いただけると、より正確な情報を提供できます。

After Effectsで言語を切り替えるより簡単な方法があります。Creative Cloudアプリケーションを使用して、インストール前に言語設定を変更できます。以下はその手順です。

Creative Cloudを使用した言語の変更方法

  • Creative Cloudアプリケーションを開く: まず、Adobe Creative Cloudアプリケーションを開きます。
  • 言語設定にアクセスする: 左側のパネルで「環境設定」(Preferences) を選択し、「アプリ」(Apps) タブを開きます。
  • 言語を選択する: 「インストール時の言語」(App Language) セクションで、希望する言語(日本語や英語など)を選択します。
  • 設定を保存する: 設定を選択したら、変更を保存します。
  • After Effectsをインストール/再インストールする: 変更を適用するために、After Effectsをインストールまたは再インストールします。

注意点

  • この方法では、After Effectsを再インストールする必要があります。
  • 他のAdobe製品もこの設定に従ってインストールされるため、全体の言語設定が変更されます。

この方法は、After Effectsの内部設定を変更するよりも簡単で、Creative Cloudを介して行うため、より直感的です。また、再インストールが必要ですが、これにより言語設定の変更がスムーズに行えます。

After Effectsの言語設定を日本語に戻す方法は、基本的には英語に設定した時の逆の手順を踏むことになります。以下は、それを実行するための一般的な手順です。

Creative Cloudアプリを使用した方法

  • Adobe Creative Cloudアプリを開く: まず、コンピューターにインストールされているAdobe Creative Cloudアプリを開きます。
  • 言語設定にアクセス: 「環境設定」(Preferences) を開き、「アプリ」(Apps) タブを選択します。
  • 言語を選択: 「インストール時の言語」(App Language) のセクションで「日本語」を選択します。
  • 設定を保存し、変更を適用: 設定を保存した後、変更を適用するためにAfter Effectsを再インストールするか、アップデートします。

After Effectsを英語で表示させることにはいくつかのメリット

1. 広範なリソースとチュートリアルのアクセス

  • 英語は国際言語であり、After Effectsに関する多くのチュートリアル、フォーラムのディスカッション、オンラインコースが英語で提供されています。英語版を使うことで、これらのリソースを直接利用することができます。

2. 業界標準用語の習得

  • 映像制作やモーショングラフィックスの業界では、英語が広く使われています。英語版After Effectsを使うことで、業界標準の用語や表現に慣れることができ、プロフェッショナルなコミュニケーションを助けます。

3. プラグインとスクリプトの互換性

  • 多くのプラグインやスクリプトは英語版After Effectsを前提に作られています。英語版を使用することで、これらの追加ツールが予期せず動作しなくなるリスクを減らすことができます。

4. エラーメッセージの解釈とサポートの容易さ

  • After Effectsのエラーメッセージやシステムメッセージは英語が基本です。これらのメッセージを原文のまま理解できると、問題解決が容易になります。また、オンラインでサポートを求める際にも、英語のメッセージの方が情報が得やすいです。

5. 英語圏で制作されたプロジェクトでの作業

  • 国際的なプロジェクトやチームで作業する際、共通の言語として英語を使用することが多いです。英語版After Effectsに慣れていると、国際的なコラボレーションがスムーズに行えます。

6. ソフトウェアのアップデートへの迅速な対応

  • 新しい機能やアップデートは通常、まず英語でリリースされます。英語版を使用することで、最新の機能や修正をすぐに利用できるようになります。

これらのメリットは、特に国際的な作業環境、プロフェッショナルな映像制作、または英語の学習を重視しているユーザーにとって特に有益です。それぞれのユーザーのニーズや環境に応じて、最適な言語設定を選択することが重要です。

今までのまとめ

After Effectsの言語設定を日本語から英語に簡単に切り替える方法を解説します。非英語圏のユーザーにとって特に便利な方法です。以下に手順をまとめます。

方法1:ae_force_english.txtを使用した言語設定の変更方法

  • 新しいテキストファイル「ae_force_english.txt」を作成します。
  • 作成したファイルをAfter Effectsの設定フォルダに移動します。Win「ドキュメント」Mac「書類」フォルダー
  • After Effectsを再起動します。
  • 言語を元に戻したい場合は格納したae_force_english.txtファイルを削除又は他のフォルダに移動させます。

方法2:設定ファイルを直接変更する方法(Windows)

  • After Effectsを終了します。
  • 設定ファイルを探し、テキストエディタで開きます。
  • ファイル内の「[“Language” = “ja_JP”]」という行を探し、”ja_JP”を”en_US”に変更します。
  • ファイルを保存し、After Effectsを再起動します。

方法3:設定ファイルを直接変更する方法(Mac)

  • After Effectsを終了します。
  • 設定ファイルを探し、テキストエディタで開きます。
  • ファイル内の「[“Language” = “ja_JP”]」という行を探し、”ja_JP”を”en_US”に変更します。
  • ファイルを保存し、After Effectsを再起動します。

これらの方法を使用することで、After Effectsの言語設定を簡単に切り替えることができます。英語版After Effectsの利点や、日本語に戻す方法についても紹介しています。