SALUDOBlog

【Aftereffect】で角丸シェイプの作成・調整方法を完全ガイド!スケール変更でも形状キープ、パス編集のコツや注意点も丁寧に解説。

【Aftereffect】で角丸シェイプの作成・調整方法を完全ガイド

サルード
サルード

この記事を読むことで、以下の内容が理解できます!

  1. After Effectsで角丸シェイプの作成方法:
    • シェイプレイヤーの作成と基本的な角丸の設定方法について学べます。
  2. スケーラブルな角丸シェイプの設定:
    • シェイプをスケール変更しても角の丸みが一定比率で保持されるよう設定する方法を習得できます。
  3. パスの編集と調整:
    • ペンツールを使用してパスを編集し、シェイプの形状をカスタマイズする方法がわかります。
  4. After Effectsでの効率的なワークフロー:
    • 角丸シェイプを効果的に作成し、プロジェクト全体で一貫性を保つ方法について学べます。
  5. 角丸シェイプ作成時の注意点:
    • レイヤータイプ、パスの複雑性、レンダリング品質、アニメーションとの互換性、パフォーマンスへの影響、スタイルの一貫性など、注意すべき点について理解できます。

全体的に、この記事はAfter Effectsを使用して角丸シェイプを作成し、調整するための基本から応用までをカバーし、実際のプロジェクトでの応用方法を提供します。

Aftereffectのシェイプを角丸にする方法

Adobe After Effectsでシェイプを角丸にする方法は次のように行います:

  • シェイプレイヤーを作成



    : After Effectsで新しいシェイプレイヤーを作成します。これは、ツールバーから四角形や楕円形ツールを選択してキャンバスにドラッグすることで行えます。
  • 角丸の調整



    : 作成したシェイプレイヤーが選択されていることを確認します。次に、レイヤーパネルの「アウトライン」オプションを開き、「丸みを帯びた角」または「角の半径」の設定を探します。これにより、シェイプの角の丸みを調整できます。
  • 半径を変更



    : 「角の半径」の値を変更して、角の丸みを増減させます。値を大きくするほど、角はより丸くなります。
  • プレビュー



    : 変更を行ったら、タイムラインでプレビューを実行して、角丸の効果を確認します。
  • 調整の保存: 望む結果が得られたら、プロジェクトを保存します。

これらの手順は基本的なガイドラインであり、After Effectsのバージョンや特定のプロジェクトの要件によって多少異なる場合があります。また、追加のエフェクトやアニメーションを加えることもできます。

Aftereffectのシェイプを角丸にする方法の注意点

After Effectsでシェイプを角丸にする際の注意点をいくつか挙げます:

  • レイヤータイプに注意: 角丸を適用する前に、適切なレイヤータイプ(シェイプレイヤーかベクターレイヤー)を使用していることを確認してください。ビットマップ画像やテキストレイヤーには直接角丸を適用することはできません。
  • パスの複雑性: 非常に複雑なパスや多くのアンカーポイントを持つシェイプでは、角の丸みの調整が思った通りにいかないことがあります。シンプルな形状から始めることをお勧めします。
  • レンダリングの品質: 角丸の半径を大きくすると、レンダリング時にエッジが不均一に見えることがあります。これは特に低解像度のプロジェクトで顕著です。
  • アニメーションとの互換性: 角の丸みをキーフレームでアニメーション化する場合は、変更が滑らかに適用されるように注意してください。急激な変更は意図しない動きを引き起こすことがあります。
  • パフォーマンスへの影響: 角の丸みを大量に使用すると、特に古いコンピューターではパフォーマンスに影響を与える可能性があります。効率的なワークフローを考慮して設計してください。
  • スタイルの一貫性: プロジェクト全体で角の丸みのスタイルを一貫させることで、プロフェッショナルで統一感のある見た目を保つことができます。

これらの点に注意しながら操作を行うことで、After Effectsでの角丸の適用がより効果的かつ効率的になります。

角の丸みを後から変更調整する方法

After Effectsで角の丸みを後から変更調整するには、以下の手順を実行します:

  • シェイプレイヤーを選択: まず、丸みを帯びた角を持つ既存のシェイプレイヤーを選択します。
  • レイヤーパネルにアクセス: 選択したシェイプレイヤーに関連するレイヤーパネルにアクセスします。これは通常、画面の下部にあります。
  • シェイプのプロパティを展開: シェイプレイヤーのプロパティを展開するために、レイヤー名の左側にある三角形のアイコンをクリックします。
  • 「コンテンツ」を展開: 「コンテンツ」オプションを見つけ、これを展開します。
  • 対象のシェイプを選択: 丸みを帯びた角を調整したい特定のシェイプを選択します。たとえば、「長方形1」や「楕円1」などです。
  • 「長方形パス」または「楕円パス」を展開: 対象のシェイプに応じて「長方形パス」または「楕円パス」を展開します。
  • 「角の丸み」を調整: 「角の丸み」または「丸みを帯びた角」の設定を見つけ、ここで値を調整します。スライダーを動かすか、値を直接入力して角の丸みを変更できます。
  • プレビューと保存: 変更を行った後、タイムラインでプレビューをして、望む効果が得られているか確認します。満足したらプロジェクトを保存します。

シェイプレイヤーのプロパティにアクセスして「角の丸み」を調整することで、作成後のシェイプの角の丸みを簡単に変更できます。これにより、デザインを柔軟に調整することが可能です。

シェイプパスの形を変形する方法

After Effectsでパスの形を変形する方法は、主に「ペンツール」と「パスオプション」を使用します。以下は基本的な手順です:

  • シェイプレイヤーまたはソリッドレイヤーを選択: 変形したいパスが含まれるシェイプレイヤーまたはソリッドレイヤーを選択します。
  • ペンツールを使用: ツールバーから「ペンツール」を選択します。これにより、既存のパスを編集できます。
  • パスを編集: パス上のアンカーポイントをクリックして選択し、移動させることでパスの形を変えます。新しいアンカーポイントを追加するには、パス上の任意の位置をクリックします。アンカーポイントを削除するには、アンカーポイントを選択して「Delete」キーを押します。
  • ハンドルを調整: アンカーポイントのハンドルをドラッグして、カーブの形状を調整します。これにより、より滑らかな曲線や急激な角を作成できます。
  • パスオプションの調整: パスのプロパティを展開して、さまざまなオプション(例えば「ストローク」や「フィル」の設定)を調整します。これにより、パスの見た目を変更できます。
  • アニメーションの追加(オプション): アニメーションを追加する場合は、「トランスフォーム」プロパティや「パス」プロパティのキーフレームを設定して変形を時間に沿って変化させます。
  • プレビューと保存: 変更を加えた後、タイムラインでプレビューを行い、望む効果が得られているか確認します。満足したらプロジェクトを保存します。

このプロセスを通じて、パスの形状を自由に変形し、動画やアニメーションに必要な視覚効果を作成できます。

スケール(拡大縮小)しても角が潰れない角丸シェイプの制作方法

After Effectsでスケールしても角が潰れない角丸シェイプを作成するための詳しい手順は以下の通りです。

  1. シェイプレイヤーの作成:
    • After Effectsで新規コンポジションを開きます。
    • ツールバーから四角形ツール(または他のシェイプツール)を選択します。
    • キャンバス上でドラッグしてシェイプを作成します。
  2. 角丸の設定:
    • 作成したシェイプレイヤーを選択します。
    • レイヤーパネルでシェイプレイヤーの「コンテンツ」を展開し、さらに作成したシェイプ(例:「長方形1」)を展開します。
    • 「長方形パス1」または該当するシェイプパスを展開します。
    • 「角の丸み」プロパティを見つけて、角の丸みを調整します。
  3. スケーラブルな設定:
    • 「コンテンツ」内で、「長方形1」(または選択したシェイプ)の「トランスフォーム」プロパティを無効にします。
    • レイヤーパネルの上部にあるシェイプレイヤー全体の「トランスフォーム」を使用してスケールを調整します。
    • これにより、シェイプ全体がスケールされても、角の丸みは一定の比率で保持されます。
  4. パスの編集(必要に応じて):
    • パスの形状を変更する場合は、ペンツールを使用してパスのアンカーポイントを編集します。
  5. プレビューと調整:
    • シェイプのスケールを変更して、角の丸みが期待通りに保持されているか確認します。
    • 必要に応じて、角の丸みやシェイプのサイズを微調整します。
  6. 保存:
    • 最終的なシェイプに満足したら、プロジェクトを保存します。

この方法を使用すると、シェイプをスケール変更しても、角の丸みが潰れることなく一定の比率で保持されます。これにより、デザインの一貫性と品質を維持しながら、フレキシブルなアニメーションやコンポジションを作成することが可能です。

まとめ

After Effectsで角丸シェイプを作成し、スケール変更しても角が潰れないようにする方法について、以下にまとめます。

角丸シェイプの作成

  1. シェイプレイヤーを作成:
    • 新規コンポジションを開き、四角形ツール(または他のシェイプツール)でシェイプを作成。
  2. 角丸の設定:
    • 作成したシェイプレイヤーを選択。
    • 「コンテンツ」→該当シェイプ(例:「長方形1」)→「長方形パス1」を展開。
    • 「角の丸み」プロパティで丸みを調整。

スケーラブルな設定

  1. トランスフォームの調整:
    • シェイプの「トランスフォーム」プロパティを無効にし、レイヤー全体のトランスフォームを使用。
    • これにより、シェイプ全体がスケールされても角の丸みが一定比率で保持される。
  2. パスの編集:
    • 必要に応じて、ペンツールでパスを編集。
  3. プレビューと調整:
    • スケール変更して角の丸みが正しく保持されているか確認し、調整。
  4. 保存:
    • 最終的なシェイプに満足したらプロジェクトを保存。

注意点

  • 正しいレイヤータイプを使用する。
  • パスが複雑過ぎないようにする。
  • レンダリング品質に注意する。
  • アニメーションとの互換性を考慮する。
  • パフォーマンスへの影響を考慮する。
  • スタイルの一貫性を保つ。

このプロセスを通じて、After Effectsで効果的に角丸シェイプを作成し、スケール変更しても形状を維持する方法を実行できます。